あなたの売上を上げるセミナービジネスの成功と失敗レポート

人を集めてセミナーをすることがいかにあなたのビジネスをより成長させるのかをお伝えします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
こんにちは。セミナーコンサルタントの藤本です。

最近、業務の中で見直すことがありました。



それは、名刺交換をした方に送る「お礼はがき」のことです。


今までは、パソコンから定形分をそのまま印刷していたのですが、
5月から手書きで書くようにしました。



名刺交換をしていただいた方に、

「先日はお忙しい中、お会いしていただき本当にありがとうございました。
これからも色々と勉強させてください。
今後ともよろしくお願い致します。」



と、手書きで書くことにより、その後のお付き合いが本当に
親密になります。




「わざわざ手間をかけて書いてくれたんだな」

ということが相手に伝わります。



それこそが本当に伝えたいことですね。





DM(ダイレクトメール)でも同じです。

全て印刷されたDMは味気ないものです。



逆にあなたが会社に行って最初にメールボックスを見ませんか?


それはあなただけに届いたメールを確認するため、ですね。


ですからどんな方でも、自分だけに届いた手紙やメールは大事に
します。



セミナーでも手間を惜しまず、手紙で気持ちを伝えることも
時には重要です。


ではまた次回!

スポンサーサイト
このページのトップへ
こんにちは。セミナーコンサルタントの藤本です。


突然質問です。

『あなたの一番の強みは何ですか?』


『突然言われても分からないよ』
となった方は、以下のことを気軽に考えてみてください。


 強み=他の人が難しいと思っているけど
     自分は簡単だと思っていること。

 強み=自分が他の人よりもすごいな、って
     言われること

 強み=今まで精一杯してきたことや
     自然と続いていること


このように自分の強みがどこにあるのか、という
ことを一度考えると、いろいろなことが見えてきます。


例えば私の知り合いの行政書士で、
秋と冬は焼いもを焼いている、という
変わった方がいました。


行政書士で焼きいも屋を経営している、
そんな方はおそらく彼だけでしょう。


また、その彼がすごいのは、その焼きいもを
買いに来た方向けに相談に乗り、仕事に
つなげていることです。


相続問題や、不動産のトラブルなどを
たまに解決するそうです。


これはまさしく彼だけの強みです。


大好きな焼いも経営と行政書士を同時に
やり遂げる彼は本当にすごいな、と思います。



強みは何よりもインパクトがあります。

大阪に、

 『パン屋専門の税理士』
がいるのをご存知ですか?

実際にはパン屋以外の税務もしているそうですが、
インパクトが強くて、クチコミになります。


ですからこのような強みからセミナーをすることも
できます。


 『パン屋専門の税理士が教えるニッチ産業の見つけ方セミナー』

 『パン屋税理士が次にねらう業種大公開セミナー』

など、何でも出来ます。


強み=キャッチコピーにも出来ますので、あなただけの
強み、一度作ってみては!









このページのトップへ
こんにちは。セミナーコンサルタントの藤本です。


このブログはセミナーを開催したい方向けに
その主催でしっかり集客する方法や、ビジネスとして
成り立つために何をすればいいのかを具体的に
お伝えしています。


タイトルにもありますが、セミナーで集客し、例えば自分の
商品やサービスを売ろうと思ってそのセミナー集客ノウハウ
を身につけられるものでしょうか?


以前から、ノウハウは何の意味もないと言い続けてきました。

全く意味がないとは言いませんが、その前段階が重要です。

それは、

           『気持ち』

                          です。



●どういう思いでセミナー集客をしたいのか?
●何をお客様に伝えたいのか?
●それが本当にお客様のためになるのか?
●売りたい気持ちが前へ出すぎていないか?

このようなことをまず気持ちで考えてみる事が
何よりも大切です。


気持ちのこもったセミナーは必ず参加者に
届きます。

逆に『売りたい、買ってほしい』という雰囲気も
参加者に届きます。


売りたいためのノウハウは、そこに気持ちがないために、
うまく行かないと、次のノウハウに走ります。


そのノウハウがうまく行かないとまた次へ・・・
と悪循環をもたらします。


ノウハウではなく、気持ちさえブレなければ
諦めなければうまく行くと思います。


まずどのような気持ちでそのセミナーを
開催したいのか、を私はいつも考えています。


では! このページのトップへ
こんばんわ。セミナーコンサルタントの藤本です。

さて、今日はセミナーを開催する前に一番重要な

お客様の選び方、つまり

     ターゲットを誰にするのか?             
                ということについてです。



セミナーを企画していると、色々な面白いテーマが
思いつくものです。

『売上を3倍にするノウハウを大公開』

『ホームページで10倍集客する方法』

など、よく見かけると思います。


しかし肝心のお客様は、どこにいるのでしょうか?


いざセミナーを開催しようとしても
お客様がど子にいるのか、リストがどこにあるのかが
分かっていないと開催は出来ません。


ですから、お客様がどこにいるのかを
考える必要があります。



では具体的にどう考えればいいのでしょうか?



それはセミナーで売りたい商品や提供したい情報を
先に考えるよりも、



  お客様の行動パターンを考えましょう


商品や情報を先に考えしまうと、どうしても
売りたい気持ちが前に出て、売れません。

つまり集客できません。



そうではなく、お客様の心理からどう日々行動
しているのかを考えるのです。


集めたいお客様の
●毎日の行動パターンは?
●いつが休みでいつが仕事か?
●何を仕事としているのか?
●趣味は何なのか?
●悩んでいることは何なのか?
●給与はいくらくらいなのか?
●夢中になっていることは何なのか?
●何に一番お金を使うのか?



などを考えてみると、それにあわせた
考え方をすればいいのです。




例えば、集客に悩んでいるお客様を集めたいときは、

①イベント企画会社なら土日はイベントをしている可能性が高い。
      ↓
②それならセミナー開催日は土日祝は外そう、となる。
      ↓
③大体平日の水曜日くらいの夕方から夜なら仕事帰りに参加できて
 しかもセミナーが終わればそのまま家に帰れるな。(お客様の心理)
  
   ↓
④仕事が終わるのが大体6時とすると7時くらいからなら開催できるかな。
     ↓
⑤場所も連絡が良い大きな駅の近くが良いな。
     ↓
⑥7時からなら9時には終わらないと駄目なので、2時間分の企画を考えよう。
     ↓
⑦イベント会社が具体的にどのような集客をしているのかをリサーチする
     ↓
⑧その問題点を洗い出し、解決出来る企画を提案してセミナーをする。


このような流れが一般的です。


ですから、お客様の行動パターンを一度考えて、その行動を妨げないように
セミナーを企画してみることも重要です。


ではまた明日! このページのトップへ
こんばんは。セミナーコンサルタントの藤本です。


セミナービジネスにおいて売上を上げるには
どうすればいいのでしょうか?

それはタイトルにもありますように、
お客様を徹底的に知ることです。


それではお客様を知るには具体的に
どうすればいいのでしょうか?



まずはあなたが求めているお客様がどこにいるのかを
知ることです。




『あなたのお客様はどこにいますか?』

『あなたに何を求めていますか?』

『本当にほしいものは何でしょうか?』

『お客様とどのような関係でいたいのですか?』

『理想のお客様の姿をイメージできていますか?』



などなど、具体的にあなたが求めているお客様像を
一度明確にイメージしてみてください。




例えば、あなたがお客様に売上を上げるノウハウを教えるセミナーを
したとしましょう。




お客様は売上を上げるためにあなたのセミナーに参加すると
あなたは思うかもしれません。



しかし、お客様からすれば少し違うかもしれません。




『売上を上げることで、その利益で社内旅行がしたい』

『売上が上がったら家族に何かプレゼントをしたい』

『売上が上がったら事務所を移転したい』




このように、売上がほしいのではなく、その後に続くものが
ほしいのです。



ですから、セミナーを開催する際には、

  『売上が上がります』

   というよりも

 『売上が上がることによってあなたは●●ができるようになります』


といった方がよりお客様があなたのセミナーに参加した後の
イメージができやすくなるのです。



『表面的なニーズ』からさらに深く考えて『本質的なニーズ』
一度セミナーに活かしてみて下さいね。
このページのトップへ
こんばんわ。セミナーコンサルタントの藤本です。


行政書士の丸山学さんとの出会いから、セミナービジネスの魅力に
取り付かれた私ですが、益々その可能性に胸がわくわくしています。


今日は日頃から懇意にさせていただいている経営コンサルタントの
東川仁さんを迎えてセミナーをさせていただいた時の話です。



セミナーによって集客をするために何をすれば良いのでしょうか?


リストが必要?


ターゲットを絞ることが必要?


確かにそれも重要です。

しかし、もっと重要なことがあります。




それは


 『自分自身を知ること』  

                です。



①あなたが集めたいお客様はどこにいますか?(where)

②あなたは何を提供したいのですか?(what)

③あなたはいつからいつまでそのサービスを提供できますか?(when)

④あなたはなぜセミナーをしたいのですか?(why)

⑤あなたはどのようにしてそのセミナーを開催しようとしているのですか?(how)

⑥あなたはそのセミナーでどのくらいの売上と利益を予定していますか?(how many)

⑦あなたはそのセミナーをいくらで提供する予定ですか?(how mach)

⑧あなたは誰がメインターゲットですか?(who)

⑨あなたは誰に対してそのサービスを提供したいのですか?(whom)

⑩あなたは誰の為にセミナーをしたいのですか?(for who)

⑪あなたは誰と一緒にセミナーをして成長したいのですか?(with who)



以上の11のキーワードがセミナーで成功するために必要な項目です。


当たり前のようで、考えると実はなかなか奥深いのがこの11のキーワードです。





自分自身を深く知ることで、実はお客様が何を求めているか、

何を欲しがっているのか、セミナーの前後で何を考えているのか、

裏ニーズは一体なんなのか、などが分かってきます。



       自分を知る=お客様を知る

なのですね。

一度この11のキーワードを深く考えてみてはいかがでしょうか?

このページのトップへ


(左が富田さんで右が私です。)




こんばんわ。藤本です。


5月11日(日)に大阪市の京橋付近で

経営コンサルタントの富田英太産の出版記念講演会が
開催され、その司会をさせていただきました。

約70名の方が参加されて本当ににぎやかで、楽しい
一日でした。


このような大勢の前での司会は初めてでしたので、
若干緊張気味でしたが、良い経験が出来ました。


私も今、2本の出版企画書を出版関係者へ
出しています。


出版できるか分かりませんが、絶対に出版したいと
思っています。


少しお知らせですが、6月14日(土)に大阪難波の
英国屋難波店で、士業のための出版セミナーを
行います。(限定10人のみ)

しかも、士業限定で!出版社が喜ぶ企画書が書ける!
そんなセミナーです。


詳細は明日に!


ではでは!

このページのトップへ
■タイトル:【士業のための出版セミナー】
 
■日時:2008年5月9日(金)

■場所:大阪市阿倍野区内のセミナー会場にて
 
■定員:30名(参加者21人)

■参加費:9,800円 懇親会費:4,500円

■講師:行政書士 丸山学さん www.marujimu.biz       
     税理士 山本憲明さん www.rakuzei.com
 
■セミナーによって得られること
   ・士業が出版をするために必要なノウハウが得られます。
   ・出版社が何を求めているのかが具体的に分かります。
   ・実際に出版された講師から出版に関する実話を直接聞けます。  
   ・出版社が喜ぶ企画書のサンプルがもらえます。
   ・出版する間で何をすればいいのかが具体的に分かります。




てっぺんセミナー事務局の藤本です。


さてこの5月9日(金)に大阪市阿倍野区で、カリスマ行政書士の
丸山学
さんと埼玉で税理士関係の出版をされている山本憲明さんを
迎えて、セミナーを開催しました。


出版を考えてる士業の方にたくさん参加していただいて、本当に
楽しかったです。


このセミナーでは、単に出版をしたい方が集まるのではなく、
セミナー後に自分で出版に関する企画書が書けるようになる
ということが一番の強みです。


実際に、これまで11冊の本を出版されている丸山さんの
企画書の一部を実物としてレジュメに添付してもらいました。



 ●出版者が喜ぶ企画書とは具体的にどういったものだろうか?

 ●出版に対する抵抗感って取れるのかな?
 
 ●本当に自分にも出版の可能性があるのかな?


などの素朴な質問にも質疑応答の際に具体的に2人の講師に
応えていただきました。


アンケートも頂戴し、95%以上の方が『大変満足した』と応えられました。

本当にありがとうございました。




 ここでアンケートの声を少しだけ読んでください。

『出版というのが実は出来るものだということが分かり、大変有意義な時間でした。
 このレジュメからまた自分でも企画書を書いて、一度出版社へ持ち込もうと思います。
 本当にありがとうございました。    行政書士 H・R様』


『山本さんが良い企画書なら出版社を紹介しますよ!と言っていただいたので、
 本当に心強かったです。丸山さんの体験談も大変参考になり、談満足です。
 次は具体的な企画書の書き方セミナーを開催してください。 
                        行政書士 M・K様』

『セミナーはもちろん良かったのですが、懇親会にて私の地元でも丸山さんと
 ジョイントセミナーが出来ることになったので、参加させていただいて本当に
 良かったです。主催者は色々と大変と藤本さんからお聞きしていますが、
 何とか頑張ってみたいと思います。また呼んでください!
                        税理士 K・T様』



 まだまだありますが、このくらいで。。。


実は来月くらいにも、具体的な企画書の書き方に関するセミナーを開催します。

その名も


     『出版社が喜ぶ企画書の書き方セミナー』             
                                 
                                 です。


実際に出版さて要る講師をお呼びして、その出版に関するノウハウを
全て語っていただきます。

さらには、参加者の企画書を採点し、しっかりした企画書に仕上ます。

ですからおそらく5人~10人限定での開催になると思います。


近々告知がありますので、どうぞお楽しみに!


また皆さんが『参加したい!』と思ってくださるセミナーをどんどん
開催しますので、どうぞよろしくお願い致します!


                 てっぺんセミナー事務局 藤本忠相




 
 
 







このページのトップへ
藤本です。


さて過激なタイトルですが、「タダ聞き君」、チェリーピッカーとも

言いますが、簡単に言えば、情報をタダで聞く方を言います。


私から見れば単なるヤカラと変わらないのですが、

その情報をタダで聞いた方が、じゃあどのくらいの結果を

その情報から生み出すことが出来るのでしょうか。




情報を与えた方からすれば、苦労しての経験からの情報です。

一方、タダ聞き君からすれば、所詮タダの情報です。




情報はただであれば、いくら価値があってもそれをタダで

聞いてしまった段階で、自分でその価値を落としてしまいます。


ですから、情報提供者は無駄骨ですし、貰った方も使えこなせない、

これほど悪循環はありません。



ですから、情報はお金を出して手に入れるべきです。

無料相談、無料セミナー、無料の面談、これでどれほどの効果が

出るのか、本当に疑問です。


無料は所詮無料、と思いますが、これは、情報提供者の情報が

あまり価値がない、という意味ではなく、所詮情報を貰った方が

使いこなせない、という意味です。



お金を出せば、そのお金を回収しようとする、そのときにこそ、

その方が本気になるときです。だからこそその情報が生きてくるのです。


たまに高額セミナーに行ってみるのも良いですよ!

私も数十万円のセミナーに昨年参加しましたが、トウの昔に回収しました。


その場に来ている方々のレベルもすごいです。


そうして出会った方々とドンドンビジネスを展開すれば参加費などは

すぐに回収できます。


士業こそ、行動してドンドン社会貢献しましょう。 このページのトップへ
こんにちわ。藤本です。

年度末の忙しさから少し抜け出しました。

今回は関西ではほとんど開催されていない


 【士業のための出版セミナー】


を企画しています。

もう日程も決まっています。


日時:2008年5月9日(金)
場所:大阪市立 阿倍野市民学習センター
    大阪市阿倍野区阿倍野筋 3-10-1-300
     http://osakademanabu.com/abeno/
時間:13時~17時 
懇親会:5000円 18時~20時(会場近くでご予約しています。)
定員:30名限定
参加費:9,800円
講師:行政書士 丸山学氏  http://www.marujimu.biz/    
    税理士 山本憲明氏  http://www.rakuzei.com/
         
対象者:士業、創業者などで、出版に興味がある方なら誰でも参加できます。


私も年間たくさんの士業の方とお会いしますが、その中で、出版に興味がある方が
結構いらっしゃるのにびっくりしています。

丸山さんとセミナーを去年させていただいたことから、

「丸山先生をお呼びして、士業限定で出版セミナーをしてください」

という要望をたくさん受けたことから今回、企画させていただきました。



出版は今や誰でも出来る、とまで言われていますが、

その真相に迫りたいと思っています。


●少し出版に興味がある士業の方

●出版をして、ブランド作りをしたい士業の方

●暖めている企画があり、本にしたい士業の方

●今までの経験を本にしたい士業の方


このような方は是非このセミナーにご参加ください。



このセミナー二出席することで、あなたは・・

 ◆本を出すために必要な知識とノウハウが学べます。

 ◆出版社が何を考えているのかが分かります。

 ◆実際の企画書がどのようなものかが分かります。

 ◆どのような企画が通りにくいのかが分かります。

 ◆どのような企画が通りやすいのかが分かります。

 ◆実際に出版した数名の方とお話が出来ます。(最低4人)

 ◆自分で企画書を書くヒントがたくさん得られます。



丸山さんや山本さんが関西にこられるのは年に1、2回です。

来週、正式な告知用ホームページが完成しますので、

詳しくはそちらをご覧ください。


すでに数名の方がお申し込みされていますので、

ただいま、ご予約受付中です。

derukui@m4.kcn.ne.jp ←てっぺんセミナー事務局直通メール
まで①お名前②住所③役職④メールアドレス⑤つながる電話番号⑥懇親会の出席の確認
を上記のアドレスまで送ってください。

追ってセミナーに関する詳細な情報をお届けいたします。


出版に少しでも興味のある方は是非ご参加ください。





このページのトップへ

FC2Ad

Information

藤本 忠相
  • Author: 藤本 忠相
  • 士業としての『てっぺん』とは、『競争に打ち勝つこと』ではなく『自分の限界を目指すこと』だと思います。
    自分の限界へ挑戦する士業の方に役立つセミナーや経験などをお役立ち情報としてお知らせしています。
    士業の方は是非一度気軽に読んで見てください!

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

藤本 忠相

Author:藤本 忠相
士業としての『てっぺん』とは、『競争に打ち勝つこと』ではなく『自分の限界を目指すこと』だと思います。
自分の限界へ挑戦する士業の方に役立つセミナーや経験などをお役立ち情報としてお知らせしています。
士業の方は是非一度気軽に読んで見てください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。