あなたの売上を上げるセミナービジネスの成功と失敗レポート

人を集めてセミナーをすることがいかにあなたのビジネスをより成長させるのかをお伝えします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
おはようございます。

毎日寒いですね。



さて「右脳」です。



結論から申し上げますと、右脳を活用して

売上は倍増しました。


なぜか?



これは経営コンサルタントで有名な

門田由貴子さんとの出会いがきっかけでした。



彼女のセミナーに参加させていただいて、

彼女の考え方やマインドの一部を知り、行動する

ことで本当に売上が倍増しました。


実際には12月で倍以上なのですが、

ではその過程はどういうことなのか?




左脳は今までよく私たちは使ってきました。

「記憶する」「論理的に考える」などは左脳を

思いっきり使っていますね。



そこで「右脳」です。



右脳は「イメージ力」「潜在意識」「心」

と密接に関係しています。



また右脳は左脳の1000万倍以上の容量が

あると言われています。




つまり、左脳で一夜漬けで記憶したことはすぐに

忘れてしまいますが、人は数十年前に一度しか

行っていない場所に地図も見ないで行けます。


これは右脳の威力です。



イメージや映像で右脳に残っているので、そういったことも

可能となってきます。



本当に奥深い話なのですが、

三日坊主を失くす秘訣、つまり、作った事業計画を

確実に実行していくイメージ力は「右脳」で作られます。



右脳で来年の自分の理想の姿を鮮明にイメージすること、

これが何よりも大事だと言うことを門田さんから学びました。



皆さんも来週、一ヵ月後でもいいです。

自分の理想の姿を鮮明にイメージしてみてはいかがでしょうか。


それが出来ていないと、

潜在意識では「別にそこまでしなく帝もいいじゃない?」
     
        「楽すればいいじゃない?」


となってしまいます。


ですから、それを覆すくらいの、

鮮明な理想像、イメージをまず作ってしまうこと。




そして大事なのが、そのイメージを「先に味わうこと」が大事です。




「おー!こーなったら俺ってすげーな!」

「そうそう!これが俺の理想なんだよ!」



っていう自分の姿を先に右脳で味わってしまうんですね。


そうすると、その理想のために具体的にどうすればいいのか、

っていう行動につながります。




もっと奥深い話なので、また次回書きたいと思います。


では!



スポンサーサイト
このページのトップへ
御疲れ様です。

今年もいよいよ終わりを迎えつつありますね。

本当に1年はアッという間に終わってしまいますね。

今年1年は本当にいろいろなことがありました。



今思い返すと、行政書士の丸山学さんにお会いできたことが一番ありがたかった
ことです。



彼と出会ってからいろんなことが上手くいくようになりました。


例えば、セミナー事業をしようと考えたことや、逢いたい方に逢えるようにになったこと、
また売上が上がったことなど例を挙げればキリがありません。




タイトルにもありますように、今月最初に補助者を1人採用しました。

女性の方ですが、彼女も行政書士を目指しています。

最初、面接打診の電話をいただいた時は「この子、大丈夫か?」
と一瞬思ってしまいましたが、実際に面接をしますと、明るく、また良く笑う子でしたので、
アルバイトからきていただくことになりました。

(個人的にはかなり期待をしています。)



来年から、行政書士業務、セミナー事業ともに事業拡大を目指す予定ですので、
1人採用できたことは本当にいいタイミングだったと思いますし、彼女に「この事務所で
ずっと働きたい」と思ってもらえるような事務所にしたいですね。




私の尊敬する方がよく仰るには、

「人は余裕がないときに採用するんだよ」
と言うことです。

「何をバカな!余裕がなかったら人なんか雇えないだろ!」

と一般的には考えがちですが、果たして創でしょうか。


士業はとかく、1人で行動しがちです。


1人は気楽ですし、目標も自分の気持ち次第です。

ですから、いつまでたっても1人分を稼ぐのが大変なんです。




無理をしても、「仕事」と「作業」を分けること。

そのためには最終的には補助者の方にも「作業」はさせないことです。


「作業」は外注に任せるべきです。



そして自分の事務所は「仕事」だけをするプロ集団を目指すのです。



例えば、請求書を送る、役所に行く、などの行為は「作業」にあたります。

そうすると、それは最初は補助者にしてもらって、最終的には「外注」に出し、

その間に「仕事」に集中することだけを考える。


そうすることで、売上は確実に伸びていきます。



さらには、自分の事務所の方には自分レベルのお給料を払ってでもずっと自分の

事務所にいてもらうことが1つの夢です。




才能ある方が給料が高いのは当たり前です。


ですから、ドンドン私もレベルアップをして、才能ある方が自分の事務所で働きたい!

といっていただけるように頑張りたいと思っています。



つまり、事務所は私個人のものではありません。



働く方全員のものです。





さて、明日からラストスパートです!


皆さん、頑張りましょう!




このページのトップへ
お疲れ様です。藤本です。

今日は自分なりに残念なことがあり、ショックを受けています。

私が尊敬するある方が末期がんを宣告され、余命あとわずかだということが
分かったんです。


本当にショックです・・・


命とは本当に儚(はかな)いものだとつくづく感じてしまいました。



いつ命が終わってしまうか分からない。

だからこそ、後悔しない生き方をしなくてはいけないんです。


自分の納得する生き方、それが出来るか出来ないかは自分次第です。


自分の可能性をどこまで信じれるか、


それも『意識レベル』ではなくて『無意識レベル』で。

いくら〇〇したい!と思っていても、

潜在意識で『そう言っても実はそこまではいいよな~』
って思っていたら実際にはそうなってしまいます。

つまり、人間は『潜在意識で思ったとおりになる』といえます。


だからこそ、自分が心底納得するまで考え抜く必要があるのです。


心と潜在意識は密接な関係があるといわれています。


潜在意識と右脳もそうです。


自分の可能性をどこまで信じれるか、それだけを考えることで
売上はかなり違います。


自分の可能性を信じましょう!

そのためには何が出来るか真剣に考えましょう!

そして必ずテストを繰り返し、実行しましょう!


結局それだけなんですね。


では!今日もありがとうございました!
このページのトップへ
藤本です。御疲れ様です。

毎日寒いですね。
不覚にもウィルス性の急性胃炎になってしまって、
食べると吐きそうになって参ってます。


さて、今年も残りわずかとなってきました。

今年の売上目標を自分なりに立てて,今日までできる限りのことをやってきました。

何とか売上目標を達成しました。

『7割の法則』といって、売上は大体7割しか達成できないといわれています。


私の主催するセミナーで、目標達成についてもお話させていただくことがあるので、
自分が達成できないと洒落にもならん!とプレッシャーを感じていました。


とにかく達成できて良かったです。



売上を絶対毎年、倍増させることを目標にしていましたが、
今年はそれ以上に数字が出てほっとしています。



やはりセミナーをしたり、自分自身を客観的に観たりと、かなり
ストイックに行動したことが良かったかもしれません。


また、気持ちの部分を重要視して、仕事は楽しく、目標を持って・・・
と、世間一般で言われていることなんですが、
一般化されるくらい、実は重要なことなんだということが
ようやく今年になって分かってきました。


今年になってようやく理解できたというか、悟れたこと。


①鮮明にイメージできるくらいに目標を設定すること。

②自分に出来ることと出来ないことをしっかり分けること。

③自分のタイプを知ること。

④仕事と作業を分けること。

⑤営業をすること。


が主なことです。

もっと細かく言うとありますが、それはまた次回に。。


なんとか行政書士で食べていける、という感覚が分かってきました。

しかし、このままではダメなので、来年はどういう計画で進むのかを
この12月中に決めたいと思っています。

では!今日も1日ありがとうございました!









このページのトップへ
お疲れ様です。藤本です。

今日は起業家支援または行政書士としても有名な横須賀てるひささんの講演会に参加させていただきました。

約30名の方がお集まりになり、主催されたブイベクトルの方々、本当にお疲れ様でした。


横須賀さんとは初めてお逢いさせていただきましたが、想像をはるかに超えて楽しく、また起業家にとって本当に奥深い話を聞かせて頂きました。

特に
①自分を深く知ること、例えばエニアグラムコーチングなどを使って様々な角度から自分を知ることで、客観的に自分が理解できコントロールが可能になるということ。

②仕事もゲームの一つとして楽しく、そして事業計画をきっちり決めて一つずつでも行動すること。

③仕事の集客について、受注型と販売型に分けて展開する、さらにその2つの型に関連性を付けることで、シナジーを生むこと。

たくさんのお話の中で、上記の3点が特に心に響きました。


『今日のお話はどこかで聞いたことあるよな』ってどなたかが話されていましたが、それは間違っています。



『聞いたことがあることと』と『実行すること』とは全く違うことは皆さんもよくご存知ですよね。


『理解して心に落とし込むことが何よりも大事で、逆にそうしないと人間は行動出来ない』、とも横須賀さんは仰っています。



今日の一番の収穫は横須賀さんや参加者の方にお逢いできたことと同時に横須賀さんのお話から、自分の方向が間違っていなかったことを再確認できたことです。


明日から出来ること、テストすべきことなどが明確になったのでとにかく実践してみます。


改めて横須賀さん、ブイベクトルの皆さん(特に松本昌士さん)本日は本当にありがとうございました! このページのトップへ
こんにちは。

先日船井幸雄さんの講演会に出席させていただきました。

約1時間の講演でしたが、奈良に来られることは滅多にないので、
参加させていただきました。


やはりなんというか、オーラがありますね。
そしてお話しする内容は基本的なことが多かったです。

「経営で成功する時の気持ちには
 『素直さ』『前向き』が何よりも大事です。』

と、他の方が言うと『またか』と思いますが、船井さんが言うと、
『成るほど』となってしまう自分が少しいやでした。。。。



それはさておき、今年もあと少しですが、この一年は去年の倍頑張ったような
気がします。


まだまだやりたいことの100分の1も出来ていないので、満足感は全くないですが、


『去年の売上をとりあえず倍にしよう!』
と計画を立てましたので、当然倍働くことは当たり前ですね。
効率を考えることも重要ですが、『量から質が作り出される』ともいえますので、
とにかく1日12時間以上は働くようにしています。



私の尊敬する日本一規模の大きい行政書士法人のある方は、

『1日16時間働く』強調文そうです。

考えれば、平日16時間、土曜日10時間の計算になります。
すごいですね!

でもそれ位やって当たり前、だそうです。

彼らも量から質ができることを膚で感じているのですね。




来年も迫っていますが、この正月が実は勝負です。

10日ほどはゆっくりとする中で、来年の事業計画をキッチリ作ってしまうことが
1つの目標です。


来年も売上倍以上を目指します。


では!

今日一日に感謝!


このページのトップへ

FC2Ad

Information

藤本 忠相
  • Author: 藤本 忠相
  • 士業としての『てっぺん』とは、『競争に打ち勝つこと』ではなく『自分の限界を目指すこと』だと思います。
    自分の限界へ挑戦する士業の方に役立つセミナーや経験などをお役立ち情報としてお知らせしています。
    士業の方は是非一度気軽に読んで見てください!

Search

Calendar

11月 « 2007年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

藤本 忠相

Author:藤本 忠相
士業としての『てっぺん』とは、『競争に打ち勝つこと』ではなく『自分の限界を目指すこと』だと思います。
自分の限界へ挑戦する士業の方に役立つセミナーや経験などをお役立ち情報としてお知らせしています。
士業の方は是非一度気軽に読んで見てください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。